スーパーヒーロータイム 劇場版 さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年05月31日

炎神戦隊ゴーオンジャー 『GP-15 炎神ストール』

スーパーヒーロータイムには欠かせない演出の一つに『ワイヤーアクション』が
あります。
空中回転ジャンプシーンなどではバッチリとカッコイイシーンではおなじみですが、
コミカルなシーンに使うとおもしろい事になりましたが〜ハサミも
使い方次第ですね。


2クールに入ったばかりなのに早くもキレ者の新副大臣、ヒラメキメデスが登場!
手強い強敵という設定と早輝ちゃんの『赤じゃなくて緑なのに・・・・』という
セリフからは、やっぱりファーストガンダムの”赤い彗星のシャア”を
連想してしまいますね。

いくら凄いメカを持っていても操る側のウィークポイントである【心】を
ついてくるという冷酷なキャラ設定をしている、この新副大臣は今後のキーと
なりそうな予感満載ですが、その強敵も後込みするほどの炎神が登場するところも
ストーリーを盛り上げてくれること間違いなしです。
G6フォーメーションがこれ以上に合体するのかはわかりませんが、
もしかしたら、驚異の8体合体とかになるのかもしれませんね。

次回はニュー炎神登場の後編、何やら新しい戦士も登場!
『GP-16 名誉バンカイ』にゴーオン!
posted by ヒーロー at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年05月25日

仮面ライダーキバ 『第17話 レッスン;マイウェイ』

オープニング前に物語の中核をなす一つの鍵ともいえる、ガルルと音也との約束。
渡=キバを護る。ということの他にもう一つ何かありそうですが、
また、一つ謎解きが増えましたが、ますます混乱してしまいそうです。


イクサVSキバは次回へ続きますが、装備で相手の武装を自分の物のように
使用できる設定は初めてのように思える、フエッスルのフェイクとは・・・・
残りのバッシャーやドッガも使えるようにイクサベルトには装備されてますが
この先もこの横取りフエッスルは活躍しそうですね。

次回、『第18話 カルテット・心の声を聴け』は
早くもドガバキフォームが登場!。

電王で言えばクライマックフォームに相当するフォームですが、昨年、電王の
撮影現場ではさすがに泣きが入った曰く付きの『テンコ盛り』ですが、
どう表現するのかスーパースーツアクター高岩さんの演技に注目ですね。
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー 『GP-14 毎日ドキドキ』

前回の予告では、メガネ姿の美女が・・・・と思ってましたが、
ケガレシア役の及川奈央さんが汚石冷奈として出ているとは思いもしませんでした。
オープニングのクレジットでわかったのですが、ケガレシアがあの派手な衣装だけに
一般人に扮すると、ガラッと変わるモンなんですね。

ケガレシアの前はセクシータレントとして活躍しているキャリアもバッチリなので、
これからサマーシーズンになるので、ちょっぴりとお色気シーンがあることを期待ですね。

次回は2クールに突入しつつ早くもレギュラー炎神の
トリプターとジェットラスが新登場!
『GP-15 炎神ストール』にメットオン!
posted by ヒーロー at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年05月18日

仮面ライダーキバ『第16話 プレイヤー・非情のルール』

チェックメイトフォーのルークは、これから先のストーリーに関わって
行きそうな感じですね。四天王の一人という位置づけですね。


一筋縄ではいかないかなり手強いファンガイヤなので、キバフォームでは
歯が立たなかったので、その対抗策としてドガバキフォームで応戦という
ことみたいです。

しかし凄いネーミングです。

ド ッガフォーム
ガ ルルフォーム
バ ッシャーフォーム
キ バフォーム

各フォームの頭文字をとってのネーミングはゴーオンジャーの
【えころじい】みたいですね。


CMでは早くも劇場版の告知が始まりましたが、去年の電王は19話から
だったので、約1ケ月くらい早いですね。
でも、クランクインがGW直前ということなので、
制作発表は来月あたりになると思いますが、それよりもCM展開が
早いのは異例な事のように感じます。

次回は再び、キバVSイクサのリベンジエピソード
『第17話 レッスン;マイウェイ』にキバッて行くぜ!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー『GP-13侠気マンタン』

今回のゲストは宇宙人親子という設定で小野明日香さんと悪役には定評がある菅田俊さんです。
明日香ちゃんのキャラ設定は、小倉優子がデビュー当時からしばらく使っていた、
『コリン星』そのものですが、今回のエピソードはコメディータッチ満載なのでゆうこりんのパロディも
ありですね。


片岡君が演じる連のキャラ設定は、自分の知識を上手く活用できる理工系な感じですが
花札勝負の時に出てきた『マイクロメーター単位の勝負だ』とかのセリフ回しは、
リアルなところが出ていて、いいですね。

次回はふたたび、範人を演じる碓井君のエピソード『GP-14 毎日ドキドキ』です。
碓井君もかなり母性本能をくすぐる感じなので、子供さんと一緒にTVを見ている
おかあさん達が日曜の朝を待ち遠しい感じなのかも知れませんね。
posted by ヒーロー at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年05月11日

仮面ライダーキバ『第15話 復活・チェックメイトフォー』

だんだんとレギュラーファンガイアが増えてきて、この先ちゃんと収拾が
付くのか疑問になりますが、ドラマとしては面白くなりそうな雰囲気が
出てきました。
武部Pのコメントによれば、2クール後半あたりから面白くなりそうとの
ことなので来月あたりからどんな展開になるのか楽しみです。


予告だと次回は音也とガルルの2タッグのような感じですが、やっぱり
ガルルにしてみれば、一族の敵。
音也にしてみれば、ゆりの母親に対しての敵。
どちらにしても、ルークは共通の敵というわけなんでしょうね。

書店で並んでいるスーパーヒーローMAXには、新しいキバフォームも
特集されていましたが、早くも第4のフォームが登場するんですね〜。
まだ、2クールなのに・・・・。

『第16話 プレイヤー・非情のルール』はイクサの新サポートメカが登場。
なんとなく、555のジェットスライガーみたいに360°
クルクル回る感じですが、ベースは恐竜みたいなので活躍が楽しみです。
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー『GP-12 走輔バンキ』

今回は人格の入れ替わりというコメディータッチながら、仲間の友情もチラリと
織り込みながらストーリーが進んで行くのは矛盾がなくてスッキリしてますが、
決めゼリフシーンでは背景に赤煙幕まで出しているところはノリスギですね。


走輔役の古原君もアフレコは発電バンキと自分の役それぞれ演じているので、
演じ分けが大変だったと思いますが、うまく発電バンキのキャラを
捕らえていて楽しめます。


発電バンキの声はベテラン声優の檜山さんです。
スーパーヒーロータイムでは、敵役で出てきたりしますね。電王の
ウルフイマジンとか・・・キバの玩具CMでも、おなじみですね。

『GP-13侠気マンタン』は
多分、電王のキンタロスエピソードのゲスト出演だった小野明日香ちゃんだと
思うのですが、昨年に引き続きスーパーヒーロータイムに登場です。
posted by ヒーロー at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年05月04日

仮面ライダーキバ『第14話 威風堂々・雷撃パープルアイ』

ついに登場!今のところ最終フォームとも言うべきドッカフォームの登場です。
3クールでも新たなるフォームも登場するとは思いますが、劇場版あたりで
お披露目でしょうね。


■ 過去篇 ■
80年代の流行歌が流れていますが、今度は一世風靡セピアが流れてます。
踊る大走査線で大活躍だった柳葉敏郎さんのデビューグループです。
相性つながりと考えるのは深読みしすぎですね。

音也がイクサに変身する決めポーズは昔の仮面ライダー風でどことなく
懐かしさを感じさせてくれます。

イクサ変身解除で音也はガルルにやられてそうになる危機に・・・・

次回、『第15話 復活・チェックメイトフォー』でも新たなる刺客か?
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー『GP-11 電波ジャック!?』

今回の環境問題は電波障害という妨害電波により通信に支障が出たとかの
問題よりも去年の世相を表す言葉でだった『虚』情報にご用心という感じですね。


情報がありふれている分、見極める術が必要なんですね。
その一つが、与えられている情報を疑ってみる。・・・・・という事ですね。


今回のオープニングテロップを見ていると、電王でウラタロスを演じた
スーツアクター永徳さんが警官役を演じたり、男の哀愁が漂う
ベテランスーツアクター日下秀昭さんがアンテナバンキの声を当てているなど、
ちょっとした発見がありますね。


今週のゴーオンメルマガは及川奈央さんでしたが、本編でもバリバリ全面に
出てきて欲しいですね。サマーシーズンには水着とかも期待したいですね。


次回は『GP-12 走輔バンキ』 なんと走輔とゴリラ系?敵バンキが入れ替わりで、
キメポーズを決めるというコメディータッチのような気がしますが・・・・
次回もチェンジソウルをセット!
posted by ヒーロー at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。