スーパーヒーロータイム 劇場版 さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年06月29日

仮面ライダーキバ 『第21話 ラプソディー・指輪の行方』

麻生ゆりを巡って、恋のトライアングルラブストーリー展開中のキバですが、
いきなり婚約指輪をはめて、『もし、NOなら指輪を外してくれ』と
去っていく次狼は渋いです。
スーパーヒーロータイムをカップルで見ている方もいると思いますので、
彼女にプロポーズをしないといけない状況になってきている人には、
普段から次狼のシーンを繰り返して見て、『自分は次郎』と暗示をかけて、
次狼になりきり、このパターンをそのまま真似てみるのもいいかもしれませんね。

話が脱線しましたが、
突然の【婚約】に戸惑う、ゆりの前に音也の幼なじみが加わり、
揺れに揺れる、ゆりの恋心は、しばらく落ち着きそうにありませんね。


555からお久しぶり〜の芳賀優里亜ちゃんが今回のゲストです。
キバのメルマガにも登場ですが、なにやら意味深な感じですが、
もしかしたら、準レギュラーなんでしょうか?それとも、新たな伏線?

いろんな謎を秘めつつ『第22話 序曲・運命の交差点』にドッカバイト!!!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー『GP-19 軍平ノホンネ』

いきなり軍平のゴーオンジャー&ウイングスの共同作戦の提案ですが、
ちょっと無茶振りな感じなので、17や18話のあたりで前フリをして
欲しかったですね。

次回は、ついに9機目の炎神・ジャンボ・エール登場!そして
ゴーオンウイングスにも新ロボ登場。
ゲキレンジャーでは常に臨獣殿に新幹部が登場し、ハラハラ感を出していましたが
今年は正義側に早くも3体もロボットが登場するのは豪華なので良いのですが、
この先、どんな展開になるんでしょうか?。
劇場版で登場するエンジンオーもありますし・・・

そんな気になる次回、『GP-20 兄妹バトル!?』にウイングトリガーセット!
と、行きたいところですが、
6月29日はゴルフ中継のために7月6日までしばしのお待ちを・・・。
posted by ヒーロー at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年06月22日

炎神戦隊ゴーオンジャー 『GP-18 庶民ヒーロー』

WPB(週間プレイボーイ)では、大々的にグラビアが組まれている
杉本有美さんですが、ゴーオンジャーのオンエアーと合わせてある感じで
注目度バツグンですね。
モデル系なので、すら〜と伸びた脚線美と八頭身スタイルが素敵ですね。
グラビアではバツグンの笑顔なので、ストーリーにもさらりと笑顔が
光るようなエピソードをお願いしたいですね。

スーパー戦隊シリーズではオールアフレコ(撮影完了に後で改めてキャストと
声優さんが一緒に音声を収録してます。)なのですが、有美ちゃんのアフレコは
セリフにキレがあって、何回もこなしている感じに思えるので、
これから先も楽しみになってきました。


脚本にもさりげないお遊びが入っているところが、にくいですね。

『ねぇ早輝ちゃん、先に帰って好きなドレス、選んでおいて』
とか
軍平の『ゴールドカードか!シルバーなのに』のカットでは、
思わずブラックだから当然!ブラックカードあるよね。

突っ込みたくなりますが・・・・・・・・・・


ゴーオンウイングスのプロローグエピソードもかっこよく決まり、
次回は軍平のお話。
『GP-19 軍平ノホンネ』にガンパードソウルをセット!!。

posted by ヒーロー at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年06月15日

仮面ライダーキバ 『第20話 夜想曲・愛の救世主』

今回は、戦士・恵を凄まじく強く演じる、ななちゃんのアクションは
見所満載でしたね。
『待ちなさい!』と凛々しく登場し、襲いかかるファンガイアを
投げ飛ばすアクションはJAEのスーツアクター張りですね。
しかも、
イクサカリバーで一文字切り!!を炸裂させるところは圧巻の一言です。

そして、
新たなるレギュラーとしてチェックメイトフォー・クィーンの真夜を
演じるのは、加賀美 早紀さんです。最初は加賀で切って、美早紀さんかと
思いましたが、違うんですね〜。
TVドラマをメインにご活躍されてきたので、これからの活躍に期待しましょう。
どう考えてもチェックメイトフォーは物語のキーとなりそうなことは確実ですし。
また
キバットが周りを飛んでいるところをみると、二世でしょうか?。

今回は、物語のターニングポイント的な意味合いもありそうですね。

ついに、ガルルがゆりに告白、揺れるゆりの心は・・・・
『第21話 ラプソディー・指輪の行方』にウェイクアップといきたいところですが、
残念ながら全米オープンゴルフのために6月22日までのお楽しみです。
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー 『GP-17 正義ノツバサ』

ゴーオンウイングスは、スゲーカッコ良く登場ですね。

クールなゴーオンゴールド・須塔大翔を演じるのは、徳山秀典さんです。
スーパーヒーロータイムには3年連続の出演という異例とも言える起用です。
仮面ライダーカブトのザビーとキックホッパー。
電王では劇場版公開に合わせたエピソードでの敵イマジンの吹き替えです。
そして
妹の方もクールでプチ高飛車系なゴーオンシルバー・須塔美羽を演じるのは
杉本有美さんです。
ピチレモン、ファプリ、bis、JJなどの専属モデルを歴任してきた
ファッション系モデルさんです。
キバで活躍の高橋優ちゃんもカワイイのモデルなので、最近はグラビア・
ファッション系で活躍されている方の起用が多いですね。
初めての変身シーンで『チェンジソウル・セット』のかけ声は、不慣れ感と
初々しいトコがたまりませんが、これもまた、お楽しみ一つですね。

ゲキレンジャーでもありましたが、敵の決めゼリフシーンも隠れた
スーパーヒーロータイムの定番みたいですが、この演出もさりげなく
ゴーオンウイングスの活躍シーンを盛り上げるのに一役買ってますね。

次回はいきなり杉本有美ちゃんが囚われの身に!!!!
『GP-18 庶民ヒーロー』にジェットラス・ソウルセット!
posted by ヒーロー at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年06月08日

仮面ライダーキバ 『第19話 フュージョン・オーラの嵐』

前回もそうでしたが、現代編のキャストさんたちは生身のアクションが
続いているので、生傷が絶えないと思いますががんばって欲しいですね。
特に恵役の柳沢ななちゃんは顔面(頬)を地面につけていたりしますが、
”女優は顔が命”なだけに気をつけて欲しいですね。
もちろん
過去編でがんばっている、ゆり役の高橋優ちゃんも泥水に顔をつけたりと
ある意味、タブー的なことにも体当たりでがんばっているだけに特に気を
撮影を続けてほしいですね。


今回はタイトルの如く笑い嵐がありますが、やっぱり、笑えたのはガルルを
演じている松田賢二さんの”山本スーザン久美子サイン”のカットですね。
普段はシリアスな役だけに一旦、外れてしまうとこんなにも崩れてしまう
キャラを演じてしまう落差がステキですね。

次回は、恵役、ななちゃんの大アクション炸裂!
『第20話 夜想曲・愛の救世主』にキャッスルドラン〜
posted by ヒーロー at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

炎神戦隊ゴーオンジャー 『GP-16 名誉バンカイ』

トリプターとジェットラス登場編の後半エピソードですが、以外や以外にも
新炎神たちの活躍が控えめになっていて、スピードル達の活躍もちゃんと
描かれているので、次回以降にあっと驚くようなエピソードにも
期待したいですね。

未来戦隊タイムレンジャーのタックなどでもおなじみのサポートロボですが、
サブキャラ的なので、名前の意味などが設定されていない感じですが、
ボンパーにはちゃんと意味があったんですね〜

Born−to
Outerdimension and
Mechanic X
Pitcrew−type
ENGINE−support
Robot

なんかガンダム張りの意味が込められてますが、こんなとこにもこだわりを
感じられるところにゴーオンジャーの深さを感じますね。

しかも
次回からは、正義側のキャストが次回から7人体制という大盤振る舞い!
なんか仮面ライダー龍騎の13人みたいな感じですね。

その注目すべき次回は新炎神たちのパイロットが登場!
スーパーヒーロータイムには仮面ライダーカブトからお久しぶり〜の
徳山さんも登場!『GP-17 正義ノツバサ』は見所満載!
posted by ヒーロー at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 炎神戦隊ゴーオンジャー
2008年06月01日

仮面ライダーキバ 『第18話 カルテット・心の声を聴け』


今回のエピソードは深いテーマがありますね。

簡単に”本当にやりたいこと”と言っても、心の声に耳を澄ませて聴き
それを自分の目標と使命感もって行動することは、すごく難しい事ですね。

特に勤め人になると『いろんなルール』と『職場の都合』という事出てきて、
『自分の本当にやりたいこと』を見失いがちですが、
あるキッカケで、渡のように『音也の作ったバイオリンを越える』という目標に
向かって進むような出来事が必ずあると思います。
そのためには、否定より【肯定】している事がその第一歩です。


いよいよ2クールもそろそろ大詰め!また新たなる展開か!
『第19話 フュージョン・オーラの嵐』にドガバキフォーム出血大サービス!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。