スーパーヒーロータイム

2008年04月27日

仮面ライダーキバ『第13話 未完成 ダディ・ファイト』

里奈ちゃんのドラムは最高!!!!
もう何年もドラムを叩いているという感じで、ノリノリ感が出すぎです。
いいですねぇ〜ドラマが未だによくつかめない中でのちょっとした
オアシスです。


今回から次回にかけて次狼VSイクサ戦がありますが、いつもはチャラチャラ
している音也がマジで戦うのはメリハリがあっていいですね。

次狼役の松田賢二さんのワイルドな演技は、画面から出てきそうな迫力です。
イクサにパンチをしたときのおびえる顔は、一級ですね。
また
その迫力のままスーツアクターの方がガルルに変わった後でも
遜色なく演じているのは演技レベルの高さを感じさせてくれます。


次回は最後のドッガフォームが登場!そして、
ガルルVSイクサの結末は・・・・
『第14話 威風堂々・雷撃パープルアイ』にファイスト・オン!!!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年04月20日

仮面ライダーキバ『第12話 初ライブ 4/4黄金のスピード』

イケメンズのドラム担当の里奈ちゃんはバッチリ決まりすぎです〜。
ドラム指導の先生がいるとはいえ、実際にドラムをあたかも経験があるように
叩くにはそれなりの演技が必要になると思うのですが、そこをきっちりと
押さえて見せるところはただならぬ演技レベルの高さを感じさせてくれますね。

そこに

安定した演技を見せてくれる、ななちゃんがベースとして加わるのですから、
番組内でのライブシーンも楽しみになってきました。
ノリノリな、ななちゃんの笑顔も見逃せないですね。

早いもので、キバも1クールが終了。物語は中盤戦へと突入!。

ついに音也がフィストオン!
『第13話 未完成 ダディ・ファイト』にウェイクアップ。
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年04月13日

仮面ライダーキバ『第11話 ローリングストーン☆夢の扉』

冒頭からキバの放映期間限定のバンドTETRA−FANG(テトラファング)
の1stCD−Destiny’sPlay−が熱唱されてますね。

平成ライダーシリーズにおいて
主演キャストが挿入歌(平成ライダーではED)を歌うのは定番となってますが、
もう一段、踏み込んで平成ライダー史上!初のキャスト自身が番組内で
熱唱してしまう事なんでしょうね。

電王の音楽路線を一歩進めたということなんでしょうね。


ドラムを担当している小池里奈ちゃん演じる、野村静香ちゃんのドラムが
お見事!としか言いようがないですね。ホントに決まってます。


電王ではライダーの定番ともいえる、ライダーキックやバイクアクションを
メインにしてませんでしたが、やっぱり定番を残していくみたいですね。

次回は、なんとマシーンキバに強力な助っ人が登場!
クウガで出てきたビートゴウラムと同じシステムのようです。

『第12話 初ライブ 4/4黄金のスピード』にフィストオン!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年04月06日

仮面ライダーキバ『剣の舞 硝子のメロディー』

■ 過去篇 ■
ここのところ、おニャン子の会員番号32番、山本スーザン久美子がネタに
なってますが、なぜなのかは???ですね。

それにしてもおニャン子BGMが使われるのも何か意味があって3クールあたりで
重大な意味をもっているとしたらスゴイですね。(ま〜確率は低そうです)


■ 現在篇 ■

イクサはクールですね〜名護さんの冷酷的なところが出てます。
また
イクサカリバーは555のカイザブレイガンに近いから比較してしまうのですが、
キメ技シーンは当たり前ですが、カイザよりも数段バージョンアップしてますね。

次回はキバ限定のバンド『テトラファング』も絡んでくるエピソードでしょうか?
なにかや静香ちゃんもからんでますが・・・・
『ローリングストーン☆夢の扉』もウェイクアップ!!!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年03月30日

仮面ライダーキバ『交響 イクサ・フィストオン』

今回のゲストは555でおなじみ村田克行さんです。メイク次第でアクの強さが
出せたり消せたりするのはメイクさんの技術がヒカリますね。

■ 過去篇 ■
何度かBGMとして流れてますが、やっぱりこの時代に一世を風靡した
おニャン子クラブが時代感を出しやすいんでしょうね。
また、小室哲哉作曲の名曲とも言える、渡辺美里の『MyRevolution』も
流れてましたね。


ガルル役、松田賢二さんのワイルドでパワフルなアクションはそのまま
スーツアクターが引き継いで違和感を感じさせないところは演技レベルを
追求していくプロデューサーの意図を感じますね。


■ 現在篇 ■
ついに登場!2号ライダーのイクサ。
過去編でも開発の話が出ていましたが、ガルルやバッシャーとかの封印にも
関係ありそうですね。

オープニングのキャストクレジットから推測するとスーツアクターはキンタロスで
おなじみのベテラン岡本次郎さんですね。
スピーディなキバとは対照的にロボット的な動きなのは意外ですね。


東映の電王公式サイトでは今まで2号ライダーを演じていた伊藤慎さんが
スーツアクターからカースタントに転身されたことがアップされていますが、
ゼロノスがラストだったことはよかったですね。

『剣の舞 硝子のメロディー』も当然!!ウェイクアップ
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年03月23日

仮面ライダーキバ『第7話 ソウル ドラゴン城、怒る』

やっぱりガルルはコーヒーの臭いだけで襲っていたのですが、
バッシャーの出現により作戦変更のようですが、人間を襲うことにより
ライフエナジーを吸収する事は必要らしいですが、
この先どうなるんでしょうか?


今年のライダーヒロインのななちゃんは特にがんばってますね。
いくら晴天とはいえ2月ころの水温はかなり低いハズですが、優ちゃんに
引き続いての寒中シーンです。
しかも海にドボンなんて・・・プロデューサーが女優に求める
ハードルは高いですね。

次回は早くも2号ライダーの登場ですが、電王に比べるとすごい早い登場です。
そして、あり得ないような展開になりそうな予感!
ガルルに麻生ゆりが恋してしまう・・・・・・・

『交響 イクサ・フィストオン』にウェイクアップ
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年03月16日

仮面ライダーキバ『第7話 讃歌 三ツ星闇のフルコース』

ラストでガルルが人間を襲っていましたが、現代ではキバに仕えているので
後々に何らかの形で現代までの間でキャッスルドラゴンに幽閉された理由にも
興味がありますね。
でも襲っている理由はコーヒー?

謎が謎を呼ぶラビリンスに包まれまくっているキバですね。


話が進むにつれて、謎解きの部分が少しづつ解明されていそうですが、
また新たなる謎が出てきて、一筋縄ではいかないストーリー構成ですが、
過去編と現代編を別々のDVDに編集してつなげてみると少しは難解な部分が
わかりそうな気がしてますが果たして・・・。


次回はキャッスルドラゴン登場!
そして巨大怪獣戦?何となくウルトラマン系なんでしょうか
玩具もビッグスケールで発売されるキャッスルドラゴンの
アクションにも期待です。
『第7話 ソウル ドラゴン城、怒る』もウェイクアップ
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年03月09日

仮面ライダーキバ『第6話 リプレイ 人間はみんな音楽 』

今回はバタバタと過去編と現在編が入れ替わり立ち替わりで頭が
混乱してしまいそうなストーリー進行ですね。
撮影は同じ場所でしているのに・・・・・・・・・。

また雑誌では名護啓介が変身する新ライダーも紹介されているので
早く映像で見てみたいですね。
展開的には何となくアギトのG3システム的な位置づけのようですが・・・・。

今回は
キャッスルドラゴンに幽閉されている3人の家来というかキバのお伴的な
ガルルとバッシャーが出てきましたので、残りのお一人ドッガの登場で
次なるフォームチェンジも期待したいですね。

次回、『第6話 讃歌 三ツ星闇のフルコース』もウェイクアップ!!!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

仮面ライダーキバ『第6話 リプレイ 人間はみんな音楽 』

今回はバタバタと過去編と現在編が入れ替わり立ち替わりで頭が
混乱してしまいそうなストーリー進行ですね。
撮影は同じ場所でしているのに・・・・・・・・・。

また雑誌では名護啓介が変身する新ライダーも紹介されているので
早く映像で見てみたいですね。
展開的には何となくアギトのG3システム的な位置づけのようですが・・・・。

今回は
キャッスルドラゴンに幽閉されている3人の家来というかキバのお伴的な
ガルルとバッシャーが出てきましたので、残りのお一人ドッガの登場で
次なるフォームチェンジも期待したいですね。

次回、『第6話 讃歌 三ツ星闇のフルコース』もウェイクアップ!!!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年03月02日

仮面ライダーキバ『第5話 二重奏♪ストーカーパニック』

平成ライダーシリーズでは定番ともいえるヒロインの水着シーンが響鬼以来の
復活です。
今回は、ななちゃんと優ちゃんの2本立てと豪華ですね。
でも、季節が冬なので????のような気がします。

響鬼と以来、2度目のレギュラーですが、コミカルな松田賢二さんは意外な
一面ですが、響鬼の渋い役がはまり役だっただけに・・・ちょっと戸惑いますね。


■ 現在篇 ■

ななちゃんの演技は安心感がありますね。
高校生の時からのキャリアがキラリと光りますね〜。
しかも
今回もアクションが冴えてます。エルボーの早さや本気で蹴っている
キックなどアクション監督の指示が飛び交っていますね。
ファンガイヤのアクターの方は臑が痛くないのか・・・
ちょっと心配になります。

そして、
第2のライダーかと思わせておくところは焦らしますね。


■ 過去篇 ■
ちょっと裏方的なお話になりますが、音也とガルル役の松田さんが殴り合いを
するシーンの後方に、22年前のディテールを重視するために
その当時、発売されていたと思われるNISSANスカイラインが
おいてあったのですが、どこから調達してきたのかちょっと考えてしまいます。
第1話でもそうでしたが、車両手配の方たちの努力にはただただ頭が下がります。



現代・過去とも親子でファンガイアにさらわれたヒロインの運命はいかに・・・
そして
早くも第3のフォーム登場!今度は緑????

『第6話 リプレイ 人間はみんな音楽 』もウェイクアップ!!!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年02月24日

仮面ライダーキバ『第4話 夢想∫ワイルドブルー』

今回のフォームチェンジは、電王のように契約するイマジンが出てきてとか
平成ライダーシリーズのように進化の過程で新たなる可能性を秘めて・・・
そんな感じの設定ではなくて、あらかじめ用意されている感じですね。


■ 現在篇 ■
ななちゃんと瀬戸くんのコミカル系シーンは、モモタロスの損な役回り的な
要素が入っていてなかなかいい感じです。
お節介というか、どうしても渡に絡まずにはいられない恵の性格が
いいですね。

プロローグな位置づけでストーリー展開されているので、
電王のように単純明快な進み方ではないので、イマイチつかみにくい
ところですが、
武部P曰く、20話くらいでわかるようになるとのことなので
スッキリしない点もありますが、サプライズなエピソードを期待しましょう。

今日は早くも新ライダーが登場!?
『第5話 二重奏♪ストーカーパニック』もキバッていくぜ!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年02月17日

仮面ライダーキバ『第3話 英雄#パーフェクトハンター』

■ 現在篇 ■
柳沢ななちゃんと瀬戸康史くんとのカラミはいいですね〜特にななちゃんが
ムキになって突っ込むところはいい感じです。

毎回ハードなアクションに全力でチャレンジする、ななちゃんは
カッコイイですね。

キバのスーツアクターは電王から引き続き、続投の高岩さんです。
変身前の主人公のキャラを忠実に変身後にトレースする神の領域での
アクションには言葉もありません・・・・・・。
今回はアギトの2枚目系アクションは久しぶりですね。


■ 過去篇 ■
高橋優ちゃんの殺陣は初めてとは思えないくらいにサマになっているのは、
明らかに優ちゃんが真正面から全力でぶつかっている事の証ですね。

それにしても、カワイイ専属モデルなのにアクションもバリバリに
こなせるのはスゴイの一言です。

実際の撮影ではムチはついていないと思いますが、それをあるように
見せるのは並大抵の演技力では表現できないと思いますので、
本人のセンスが出ていますね。

それにしても、
メイクのせいもあるとは思いますが、ONAIRだと
23歳くらいに見えてしまいますね。

『第4話 夢想∫ワイルドブルー』は早くも第2のガルルフォームが登場!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年02月10日

仮面ライダーキバ『第2話 組曲♪親子のバイオリン』

今回のゲストは梅宮万紗子さん。
仮面ライダー響鬼では猛側でメガネをかけて白衣姿、ディスクアニマルなどの
開発担当役でした。
今回はバイオリニスト役ですね。吐息が白いこの寒空でのドレス姿には
恐れ入ります。


キバは2つの時間が同時進行で進みますので、こちらも分けて書いてみます。

■ 現在篇 ■
モデル兼ファンガイアハンターとしてヒロイン・麻生恵を演じるのは
柳沢ななちゃん。
スーパーヒータイムをこよなく愛する人には「ボウケンジャー」では
ゲストだったので、今回のメインヒロインの抜擢は大歓迎ですね。
過去篇で体を張ってがんばっている高橋優ちゃんと同様にアクションを
がんばってます。

JAEで訓練をしているとは思いますが、アクションに慣れている演技を
見せてくれるのは本人の高い演技力がなせるワザですね。


■ 過去篇 ■
ファンガイアハンターとしてヒロイン・麻生ゆりを演じるのは
高橋優ちゃんです。
実年齢は17歳の高校生なのに、果敢にも昭和時代の20歳という設定で
アクションもがんばってます。

特に今回は、たぶん外気温が5℃とかの寒空のなかで噴水の中に
ファンガイヤに突き飛ばされてます。
衣装の下にウェットスーツを着用してるとは思いますが、それでも手は
赤くなっていたので、本人のガッツにはただただ恐れ入ります。

否定から入るファンの方もいるとは思いますが、
まだ、
現役高校生の女の子が体を張ってアクションをがんばっている点を
汲んで番組を見ていきましょう。
その方が絶対にキバを楽しむことができると思います。

『第3話 英雄#パーフェクトハンター』もキバッていくぜ!
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ
2008年02月03日

仮面ライダーキバ『第1話 運命・ウェイクアップ!』

『石ノ森章太郎 生誕70周年記念』と銘打たれた、
平成仮面ライダーシリーズ第9作【仮面ライダーキバ】

新たなるテーマと新機軸で展開されるのは毎年のことですが、
今年は
2008年(平成20年)

1986年(昭和61年)の2つの時代が同時並行で
進んでいくというまたしても大胆な試みです。

第一話を見たときには日曜朝と言うこともありボケーと見ていたので、
2つの時代が変わったことすらわからなくて、あとで東映公式サイトをみてから
ようやく理解できました。
この設定だけでも電王と比べると、謎解きレベルはかなり深そうですね。

電王の場合は、プロローグとはいえ【クライマックス】がキーワードだったために、
第一話でかなりのインパクトある脚本で一気にまくられましたが、
今年はじっくりと進みそうですね。
でも、
女性キャストも含めて、迫力あるアクションが展開されるのでスキッとする
爽快感がありますので、この先、ストーリーが進むにつれて
いろんなおもしろさが出てきそうですね。

『第2話 組曲♪親子のバイオリン』もキバッて行きましょう。
posted by ヒーロー at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダーキバ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。